天鐘(10月3日)

つぶらで大きく潤んだ瞳。愁いを秘め、夢見がちな表情。しなやかに伸びた現代風の肢体。着物を緩めに着こなし、木に寄り掛かる美女がふとこちらを振り返ったら…▼朝からドキリとする描写だが、画家竹久夢二が描く“夢二式美人画”のエッセンスだ。それまでの.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら