再入札で落札業者決定/下北広域事務組合の新ごみ処理施設

下北地域広域行政事務組合(管理者・宮下宗一郎むつ市長)が同市奥内に計画する新ごみ処理施設建設を巡り、昨年入札が不調に終わった問題で、今月、一般競争による再入札を行った結果、福岡市のプラントメーカー「川崎技研」(木川信雄社長)が落札したことが.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録