ロッテの種市が右肘手術

 ロッテの種市篤暉投手
 ロッテの種市篤暉投手
プロ野球ロッテは14日、種市篤暉(工大一高出)投手が横浜市内の病院で、右肘内側側副靱帯(じんたい)の再建手術を受けたと発表した。4週間はギプスで固定し、手術後4カ月で投げる練習を再開する予定。今季中の復帰は絶望となった。 工大一高から201.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら