Free地元の魅力発信 伊保内高生が「九戸宣隊★魅せるんジャー」結成

九戸村のPR隊を結成した岩手県立伊保内高の生徒
九戸村のPR隊を結成した岩手県立伊保内高の生徒

岩手県立伊保内高(高橋良一校長)の2、3年の有志9人が、村PR隊「九戸宣隊★魅せるんジャー」を結成した。村ホームページや会員制交流サイト(SNS)などを活用し、高校生の視点から地域の魅力を発信する。
 若い感性で村の資源をPRし、誘客促進につなげるのが目的。村側が同校に声を掛け、希望する生徒がメンバーとなった。
 結成式はこのほど村公民館で開かれ、晴山裕康村長が9人に任命書を手渡した。代表の福田巧さん(3年)は「村特産の甘茶や自然を発信していきたい」、メンバーの山下真央さん(同)は「若者が減っているが、村の良いところを広く伝えて人口が増えればうれしい」とそれぞれ意気込みを語った。
 PR隊は今後、村の広報誌「広報くのへ」10月号でメンバーが執筆した記事を掲載するほか、SNSなどで随時、情報を発信する予定。