【新型コロナ】「まるで呪縛」完治後も後遺症に苦しむ

新型コロナウイルス感染後、PCR検査で陰性となったにも関わらず、後遺症と思われる症状を訴える例が各地で報告されている(写真はイメージ)
新型コロナウイルス感染後、PCR検査で陰性となったにも関わらず、後遺症と思われる症状を訴える例が各地で報告されている(写真はイメージ)
新型コロナウイルス感染後、PCR検査で陰性になったにも関わらず、慢性的な疲労感や呼吸器の違和感など後遺症と思われる症状を訴える例が、国内外で報告されている。詳しい原因は不明で、厚生労働省が8月から本格的な研究に乗り出したばかりだ。青森県出身.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら