【刻む記憶~東日本大震災10年】「助けたかった」思い今でも 消防団員の前川さん(野田)

震災当日の救助活動を振り返る前川安男さん=5日、野田村
震災当日の救助活動を振り返る前川安男さん=5日、野田村
救った命と救えなかった命があった。野田村野田の前川安男さん(63)は東日本大震災の直後、消防団員として津波に流された人たちの救助に奔走した。再び津波が来るかもしれない恐怖の中、幾つもの命を救った。だが、今でも思い出すのは1人の男性の顔だ。「.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら