Free朝のニュースダイジェスト(9月11日)

【都内に「8base」オープン】
 JR有楽町駅と新橋駅をつなぐ東京・内幸町の高架下に10日、八戸都市圏交流プラザ「8base」がオープン。関係者が圏域の新たな情報発信拠点に期待を込めた。

【8月水揚げ前年上回る】
 八戸市水産事務所が10日発表した8月の八戸港水揚げ統計によると、数量5416トン(前年同月比29%増)、金額18億7353万円(12%増)だった。

【久慈琥珀に新種のコケ】
 久慈琥珀博物館は10日、同館の採掘場で見つかった白亜紀後期(約8500万年前)の琥珀に新種のコケが入っていたと発表。現代では絶滅した種とみられる。

【安全対策工事2年先送り】
 電源開発は10日、大間町に建設中の大間原発について、安全対策工事の開始時期を2020年後半から22年後半に2年程度先送りすると表明。工事の延期は通算4度目。

【生徒確保へ助成拡大を】
 青森県私学協会と県私立学校教職員退職金財団は10日、私立高校で一定の生徒数を確保するための公私間生徒比率の配慮など、私学助成拡充を県に陳情した。