パチンコ店が「自家買い」疑い 運営会社と会社役員を書類送検 青森県内初

パチンコ店の遊戯客に提供した「特殊景品」を店が直接買い取ったとして、大間署と青森県警保安課は10日、風営法違反(自家買いの禁止)の疑いで、青森県内のパチンコ店運営会社と男性会社役員(55)を書類送検した。自家買いの立件は犯罪統計を取り始めた.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら