コロナ禍でどう社会貢献 十和田で黒にんにくサミット

柏崎進一理事長(前列右から3番目)ら、記念撮影をする参加者
柏崎進一理事長(前列右から3番目)ら、記念撮影をする参加者
「第5回世界黒にんにくサミット」が6日、十和田市のJA十和田おいらせ本店で開かれた。関係者約50人が黒ニンニクの機能性の高さを再確認しながら、新型コロナウイルスの影響で変化する社会に対し、業界としてどのように貢献できるかを考える機会とした。.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら