種市高生が折り鶴を病院など公共施設に寄贈 コロナ終息祈願

磯崎一太院長(左)に折り鶴を手渡す嵡優也さん
磯崎一太院長(左)に折り鶴を手渡す嵡優也さん
新型コロナウイルスの終息を祈願して、岩手県立種市高(松場喜美夫校長)は3日、町国民健康保険種市病院など町内の公共施設5カ所にそれぞれ、全校生徒132人が折った折り鶴132羽を寄贈した。 同校では6月下旬にスポーツフェスティバルを実施。新型コ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら