【新型コロナ】誹謗中傷拡大受け、久慈市長「冷静な行動を」

久慈市の遠藤譲一市長は7日の定例会見で、市内で新型コロナウイルス感染症の患者に対する誹謗(ひぼう)中傷やデマが広がっているとして、「相手を傷つけるだけでなく、感染が疑われる方の発見を遅らせかねない」と述べ、市民に冷静な行動を求めた。 市によ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら