【経営統合協議】基盤強化も競争原理の低下懸念

全国的に地方銀行の統合を進めたい金融庁にとって、大きなハードルとして横たわっていたのが独占禁止法だった。地域で高いシェアを占める金融機関が生まれれば、利用者の利便性を損ねかねない。長崎県内の地銀合併では公正取引委員会の審査が難航し、両行が貸.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録