Free「新しい生活様式」に合わせた観光とは? 蒲生観光庁長官が提言/八戸

新型コロナウイルスに対応した新しい観光スタイルの構築を提言する蒲生篤実氏=22日、八戸市
新型コロナウイルスに対応した新しい観光スタイルの構築を提言する蒲生篤実氏=22日、八戸市

観光庁長官の蒲生篤実氏が22日、八戸市のユートリーで講演し、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、「新しい生活様式」に合わせた観光の在り方を提言した。
 蒲生氏は、新型コロナを受けて休暇の分散化と新しい旅行スタイルが進む―と指摘。リゾート地で余暇を楽しみつつ仕事をする「ワーケーション」や出張の機会を活用して出張先で余暇を楽しむ「ブレジャー」などが増えるとし、「社会情勢の変化に合わせ、受け入れ体制やコンテンツの整備を進めるべきだ」と強調した。
 八戸市では横丁文化が根付いていることにも触れ、「ナイトタイムエコノミー(夜間の経済活動)によるにぎわいづくりが期待できる」との見方を示した。
 このほか、環境省自然環境局長の鳥居敏男氏が「みちのく潮風トレイル」の概要を紹介。「トレイルは3密回避や健康志向にマッチしている」とし、コロナ禍でも集客の可能性があると述べた。
 講演は、八戸圏域版DMO(観光地域づくり推進法人)「VISIT(ビジット)はちのへ」(塚原隆市理事長)が主催する観光セミナーの一環。市内外の観光関係者や自治体職員ら約130人が参加した。