新郷村で児童が林業学ぶ 間伐や出荷体験

杉の出荷作業を体験する児童
杉の出荷作業を体験する児童
三八地区林業・木材産業振興協議会(桑原一夫会長)は18日、新郷村内で「緑の少年団プチグリーンジャンボリー」を開き、村立西越小の児童6人が、間伐や出荷体験を通じて林業の魅力に触れた。 イベントは、林業の普及・啓発を目的に毎年開催。例年は、三八.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら