戦時の教会、隠れた史実/日本基督教団八戸小中野教会

戦時中の八戸小中野教会について調べる小林よう子牧師。戦争末期の幼稚園月報(手前)には「必勝慰問」などの文言が見える=6日
戦時中の八戸小中野教会について調べる小林よう子牧師。戦争末期の幼稚園月報(手前)には「必勝慰問」などの文言が見える=6日
日本基督(きりすと)教団八戸小中野教会の小林よう子牧師が、90年にわたる同教会の歴史を調べ続けている。特に着目しているのは、アジア・太平洋戦争(太平洋戦争)期における教会の動向だ。残された史料からは、信仰や日常生活の中に軍国主義が色濃く反映.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら