Free2階建てオープンバスで奥入瀬渓流ツアー 開放感ある絶景

オープンバスから見られる奥入瀬渓流の景色
オープンバスから見られる奥入瀬渓流の景色

十和田市焼山地区にある「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」(髙橋伶央総支配人)は1日、2階建てオープンバスで奥入瀬渓流の自然を満喫できるバスツアーを開始した。開放感あふれる座席から360度の絶景を楽しめる。利用は同ホテルを含めた県内系列3ホテルの宿泊者限定で、10月31日まで運行する。
 同ホテルと日の丸自動車興業(東京)、十和田観光電鉄の計3社が協力して実現した。車両は日の丸自動車興業のリースで、運行は十和田観光電鉄に委託。新型コロナウイルスの感染予防のため、「3密」にならないよう座席を配置している。
 ツアー区間は焼山―子ノ口の約14キロで、75分程度で往復する。ガイドによる観光スポットの解説を聞きながら、普段では見られない高さから滝や渓流を眺められる。
 髙橋総支配人は「(オープンバスでは)木漏れ日や風など、五感を通じて奥入瀬渓流の新しい一面を楽しめる」と話した。
 乗車料金は8、9月が1人1500円で、紅葉シーズンの10月は1人2千円(ともに税込み)。事前予約が必要で、「奥入瀬渓流ホテル」の公式ホームページから申し込める。