Free九戸村教委が図書室本の宅配サービス開始/高齢者ら対象、8月1日から

「分からないことがあれば気軽に相談してほしい」とPRする九戸村教委の山本猛輝さん
「分からないことがあれば気軽に相談してほしい」とPRする九戸村教委の山本猛輝さん

九戸村教委は8月1日、村公民館図書室の本を自宅まで届ける「高齢者等宅配図書サービス」を始める。高齢や障害などで図書室の利用が難しい人に村職員らが本を届け、気軽に本に親しめる環境づくりを目指す。
 65歳以上の高齢者や障害がある人、要介護認定を受けている村民が対象。電話やファクスなどで依頼を受け付け、村職員が自宅まで届ける。 村社会福祉協議会、村地域包括支援センターと連携しており、訪問サービス時に本の受け渡しもできる。
 貸し出しは1回5冊以内で、期間は1カ月。利用するには館外貸出登録のほか、宅配図書サービスの会員登録が必要。公民館に来られない人には、職員が自宅を訪問して登録をサポートする。
 会員には所蔵本の一覧表が渡され、指定した本が借りられるほか、職員が会員の好きなジャンルの本を選ぶ「お薦めセット」もある。
 返却は、貸し出しの際に渡す返却ボックスの中に本を入れ、自宅の玄関先に置いておくと職員が回収に来る。
 同教委の主事山本猛輝さんは「訪問サービスを利用する人などから、『本を借りたいけどなかなか借りに行けない』という声があった。利用しやすいように臨機応変に対応したいので、気軽に相談してほしい」と呼び掛けている。
 宅配図書サービスに関する問い合わせは、九戸村公民館図書室=電話0195(42)2111=へ。