一関学院と盛岡大付が決勝に名乗り/夏季岩手県高校野球

夏季岩手県高校野球大会の県大会第5日は23日、県営球場で準決勝を行い、一関学院と盛岡大付が決勝に名乗りを上げた。一関学院は高田と対戦し、延長13回タイブレークの末に劇的なサヨナラ勝ち。盛岡大付は序盤にリードを奪い、2投手の継投で花巻東打線を.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら