八戸学院大演劇部員が一人芝居 客席間に仕切り 観客数減らし感染対策

客席間にビニールシートを設置した会場
客席間にビニールシートを設置した会場
新たな生活様式で観劇を―。八戸市の多目的スペース「スペースベン」で17日、八戸学院大4年で演劇部の高坂大誠さん(21)による一人芝居が上演された。公演に当たり、新型コロナウイルス感染対策として、観客数を8人に抑え、客席の間にビニールシートで.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら