【連載・八戸三社大祭「伝統の原点へ」】第1部(1)山車運行中止の波紋

新型コロナウイルス感染拡大の影響で規模縮小が決まった八戸三社大祭。山車の運行、展示や神社行列は取りやめになるが、今年も神事の歴史は紡がれる(写真はコラージュ。左から時計回りに、昨年の三社大祭のお通り、規模縮小を決定した会議、未完成のまま置かれた吹上山車組の山車)
新型コロナウイルス感染拡大の影響で規模縮小が決まった八戸三社大祭。山車の運行、展示や神社行列は取りやめになるが、今年も神事の歴史は紡がれる(写真はコラージュ。左から時計回りに、昨年の三社大祭のお通り、規模縮小を決定した会議、未完成のまま置かれた吹上山車組の山車)
全世界が注目する東京五輪イヤー、そして八戸三社大祭の発祥300年目という記念の「2020年」が幕を開けた1月。身も凍るような真冬の寒さの中、八戸市石手洗にある吹上山車組の山車小屋では、早くも制作陣が動き始めていた。 同山車組にとって、今年は.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら