Free新型コロナ対策グッズ貸し出し「イベント開催を後押し」やませデザイン会議

やませデザイン会議が貸し出す感染対策グッズをPRする職員
やませデザイン会議が貸し出す感染対策グッズをPRする職員

久慈市のNPO法人やませデザイン会議(久保田敏晴議長)は、非接触型体温計やフェースシールド、消毒液、のぼり旗がセットとなった新型コロナウイルス感染対策グッズの貸し出しを始めた。地域づくり団体や町内会の会議、イベント開催を後押しする。
 新型コロナの感染拡大を防ぐため主催者側には対策が求められるが、体温計はイベントの開催当日しか使わず、購入費用がネックになるため、地域の小規模団体では恒例行事の開催にも二の足を踏むケースが多い。このため、レンタル方式で負担軽減を図る。
 体温計7台は、久慈市と市内民間5社でつくる新電力会社「久慈地域エネルギー」(若林治男代表)から寄贈を受けた。貸出料金は1台につき500円で、フェースシールドや消毒液、検温中を知らせるのぼり旗とのセット。
 川代明寛事務局長は、「地域づくり活動を止めず、行事や会議はやれる範囲で開催してほしい。そのためのハードルを下げ、参加者の安心にもつなげられたら」としている。
 問い合わせは、やませデザイン会議=電話0194(61)3229=へ。