池やシェルター整備へ 六戸高/さつき沼ビオトーププロジェクト

メダカが生息できるよう沼地周辺を整備する生徒たち
メダカが生息できるよう沼地周辺を整備する生徒たち
青森県立六戸高(吉田繁徳校長)1、2年約110人は10日、地元の憩いの場である舘野公園のさつき沼周辺で、生息する生物の調査や外来生物駆除、メダカやホタルなどが生息できる場所を作るための環境整備を実施した。同校は2022年度末の閉校までに、さ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら