「負けない。」館鼻岸壁朝市開幕 日常へ 初めの一歩

新型コロナウイルスへの感染予防を徹底しながら、営業に精を出す澤口京平さん(右)と種市一三さん=5日、八戸市
新型コロナウイルスへの感染予防を徹底しながら、営業に精を出す澤口京平さん(右)と種市一三さん=5日、八戸市
新型コロナウイルスのまん延を受け、当初から3カ月半遅れの開幕となった八戸市の館鼻岸壁朝市。久しぶりにハマがにぎわう中、出店者たちはその様子をかみ締めるように見つめていた。開催日には市内外から駆け付け、国内最大級の朝市を支えているだけに、ほと.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら