ITER内の三重水素蓄積量の測定に成功

国際熱核融合実験炉(ITER)の関連研究を行う六ケ所村の量子科学技術研究開発機構六ケ所核融合研究所は1日、炉内で発生する金属微粒子の燃料蓄積量の測定などに初めて成功したと発表した。実験に悪影響を与える可能性がある炉内の燃料蓄積量の把握に貢献.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら