新郷遊漁会が川魚稚魚を放流

川魚の稚魚を放流する会員
川魚の稚魚を放流する会員
新郷村の新郷遊魚会(梅川和雄会長)は21日、同村と五戸町の河川に川魚の稚魚約1万2千匹を放流し、環境保全に努めた。 同会の放流事業は36年目で、青森県の中山間ふるさと水と土保全対策事業の補助金を活用。 例年は「しんごう保育園」の園児を招いて.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら