久慈拓陽支援学校高等部の生徒、久慈市に手作りマスク寄贈

遠藤譲一市長(右)にマスクを贈った久慈拓陽支援学校の生徒
遠藤譲一市長(右)にマスクを贈った久慈拓陽支援学校の生徒
岩手県立久慈拓陽支援学校(工藤弘毅校長)の生徒が23日、手作りの布マスク40枚を久慈市に寄贈した。マスクは学校のある同市侍浜町地区の高齢者や子どもに配布される予定。 作製したのは高等部のクラフト班に所属する12人。新型コロナウイルスの影響で.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら