Free新庁舎の全面利用開始/十和田市、周辺整備が完了

通路や駐車場などの整備が完了し、全面利用が始まった十和田市役所=18日
通路や駐車場などの整備が完了し、全面利用が始まった十和田市役所=18日

十和田市は18日、新庁舎の本館と別館をつなぐ屋根付き通路や北側駐車場などの周辺整備が完了したとして、全面利用を開始した。
 市は、旧庁舎本館と旧十和田湖支所庁舎の耐震不足を受け、両庁舎を統合した新庁舎建設事業を2015年度から実施していた。
 新庁舎の本館は昨年6月に完成し、既に業務を開始している。その後、旧本館の解体、別館の改修、連絡通路の建設、外構工事を進めていた。
 当初は19年度内の完了を目指していたが、旧本館の解体で見つかったアスベストの除去作業などで、予定より2カ月半遅れとなった。
 総事業費は48億7千万円。186台分の駐車場を備え、旧本館跡地には憩いの場となる芝生広場も整備された。
 市総務部は「機能が集約され、市民の利便性向上も図られた。これまで以上に効率的な行政運営に努めていく」としている。