受託田で田植え/新郷村農業後継者の会

受託田で田植え作業を行う会員
受託田で田植え作業を行う会員
新郷村農業後継者の会(佐々木健司会長)はこのほど、担い手不足の農家から請け負った水田で田植えを行った。 同会は1974年に発足し、現在の会員は20~50代の22人。水田受託事業は、休耕田の有効利用を図る目的に加え、農家の若者に後継者としての.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら