ミライヘノツバサ引退へ、右前脚の疾病で/諏訪牧場(七戸)が生産、7歳にして重賞馬

JRAは3日、七戸町の諏訪牧場産の競走馬ミライヘノツバサ(牡7歳)に、「右前浅屈腱炎(くっけんえん)」の疾病が判明したと発表した。9カ月以上の休養を擁する見込みで、関係者によると、競走馬を引退し、今後は東京競馬場で誘導馬を務める予定だという.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら