【新型コロナ】三沢・小桧山市長、自身の期末手当半減を市議会に提案へ

三沢市の小桧山吉紀市長は2日、新型コロナウイルスにより市内経済などが影響を受けている状況を考慮し、12月に支給される自身の期末手当を50%削減する方針を明らかにした。8日開会の市議会定例会に、減額に向けた条例の一部改正案を提出する。 削減後.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら