【新型コロナ】二戸市、7月上旬にも「発熱外来」設置

二戸市の藤原淳市長は1日の定例会見で、新型コロナウイルスの検体採取などを行う「発熱外来」について、7月上旬にも市内に設置する方向で調整していることを明らかにした。 市が設置し、二戸医師会が運営する予定。対象は二戸、一戸、軽米、九戸の4市町村.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録