五戸町倉石小児童が田植え体験

泥だらけになりながら苗を手植えする児童
泥だらけになりながら苗を手植えする児童
五戸町立倉石小(小笠原浩也校長)の5年生11人が26日、同校近くの学校田でもち米の田植えを体験し、出来秋に期待を込めた。 同校は毎年、農薬や除草剤を使わない「抑草農法」によるコメ作りに取り組んでいる。 児童は半袖短パン姿で素足になって水田に.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら