天鐘(5月28日)

かつて大相撲に「四十五日」の異名をとった力士がいた。明治から大正にかけて活躍した第22代横綱・太刀山。5斗俵4俵を担ぐと言われる怪力で、強力な突っ張りを武器にした▼立ち会いから1発、そして2発…。2発目が当たる前に既に相手は土俵下。あっとい.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録