ハクビシン食害深刻 イチゴ農家悲鳴/八戸

八戸市市川地区で、イチゴ農家がハクビシン被害に頭を悩ませている。ビニールハウスに穴を空けて集団で侵入し、熟した実を食い散らかすため、作物だけでなく農業施設の被害も深刻だ。被害額は数百万円に上るとみられ、市は猟友会に箱わなの設置を依頼するなど.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら