時評(5月23日)

あきれて言葉を失った。週刊文春が報じた黒川弘務・東京高検検事長の賭けマージャン。刑法の賭博罪にも問われかねない振る舞いだ。しかも緊急事態宣言下だったとは、厳正な職務遂行をイメージした「秋霜烈日」のバッジを着ける検察官とは懸け離れた実像。検察.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら