共用開始は21年度以降 八戸市「合葬墓」整備で基本計画公表

八戸市合葬墓のイメージ図(八戸市提供)
八戸市合葬墓のイメージ図(八戸市提供)
八戸市は21日、市議会民生協議会で、墓の継承が難しい遺骨を合同で埋葬する「合葬墓」の整備について基本計画を公表した。本年度中に地質調査や実施設計を行う方針で、共用開始は21年度以降になる見込み。 合葬墓を巡っては、少子高齢化や核家族化に伴い.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら