【夏の甲子園中止】「気の毒」「胸痛む」/OBや関係者も肩落とす

球児たちの夢舞台がコロナ禍で消え、かつて“聖地”の土を踏んだOBや、長年球児を育ててきた指導者、野球の普及に携わってきた関係者は「言葉が出ない」「球児たちが気の毒」「胸が痛む」と一様に肩を落とした。 1969年夏の甲子園で準優勝した三沢高の.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら