【夏の甲子園中止】球児落胆、監督は気遣い「泣いてもいい」/青森県内高校

練習後、仲井宗基監督(左)の話を聞く、八学光星高硬式野球部の部員ら=20日、八戸市
練習後、仲井宗基監督(左)の話を聞く、八学光星高硬式野球部の部員ら=20日、八戸市
球児の夢が、はかなく散った。今夏の甲子園大会中止が決まった20日、聖地を夢見て練習に励んできた青森県内高校球児の元にも信じたくない知らせが届いた。指導者は「選手を思うと言葉がない」と落胆。球児は「気持ちを切り替え、次の目標に向かいたい」と気.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら