時評(5月20日)

新型コロナウイルス対策が最優先課題である中、与野党が激しく対立していた検察官の定年を延長する検察庁法改正案について、政府、与党が今国会成立を断念した。 安倍晋三首相と自民党の二階俊博幹事長が会談し見送りを確認したが、反対世論の高まりを踏まえ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録