八戸重工商事、市にマスク5万枚寄贈 顧客のニーズに合わせて

小林眞市長(左)にマスクを手渡す三浦大助社長
小林眞市長(左)にマスクを手渡す三浦大助社長
重機部品を扱う八戸重工商事(三浦大助社長)は14日、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、八戸市に不織布マスク5万枚を寄贈した。マスクは市内と周辺市町村の諸施設に配布される。 同社は顧客のニーズに合わせた営業を行っており、今回、マスクを要.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら