天鐘(5月16日)

「ジャパン・ブルー」とも称される藍染め。その文化は江戸から明治にかけて花開く。木綿が量産化された時代。着物、野良着、のれん、のぼり、布団、手ぬぐい…。庶民の生活を彩った▼その色合いから、藍染めの店は「紺屋(こうや)」と呼ばれた。後に染め物屋.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録