被告側、過失運転致死傷罪主張へ つがる4人死亡事故

つがる市の国道で2018年9月、飲酒運転の車が暴走し4人が死亡した事故の裁判員裁判で、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の罪に問われた同市森田町大館千歳、無職高杉祐弥被告(34)の公判前整理手続きが11日、青森地裁で開かれた。被告側は、.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら