【新型コロナ】台北線運休を6月末まで延長/エバー航空(台湾)

エバー航空(台湾)は8日、新型コロナウイルスの感染拡大による航空需要の減少で、青森空港発着の国際定期便、台湾・台北(桃園)線の運休期間を6月30日まで延長すると発表した。 同路線は新型ウイルスの影響で2月26日から運休し、5月31日までを期.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら