県内の支援拠点利用の創業者、7割が事業継続 14~18年度の実態調査/青森県

青森県が2019年度に初めて実施した県内8市にある創業支援拠点を利用した創業者の実態調査によると、14~18年度の5年間に創業した484人のうち、331人(68・4%)が事業を継続していることが分かった。県は「全国的には1年で3割、5年以内.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら