種差少年自然の家(八戸)など一部の県立施設 7日から利用再開

青森県は5日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、臨時休館していた県立種差少年自然の家(八戸市)など一部の県立施設について、7日から利用を再開すると発表した。 県立種差少年自然の家は、当分の間は宿泊を受け付けず、研修室などの利用にとどめ、人.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら