Free【新型コロナ】市飲食店街で夜間集中パトロール実施 休業狙いの犯罪防げ/十和田警察署

飲食店街をパトロールする関係者
飲食店街をパトロールする関係者

新型コロナウイルスの影響で営業を自粛している店舗が多い中、休業で無人となった店舗を狙う犯罪が懸念されるとして、十和田警察署(半澤一人署長)が、十和田市の飲食店街で夜間の集中パトロールを実施している。
 休業中の店舗を狙った窃盗や器物損壊が全国的に目立ち始めたことを受けて、市飲食業協会(寺澤裕美子会長)が、同署にパトロールの強化を要望したことを受けて実施。
 初日は半澤署長ら署員14人と同協会のメンバーが、同市東三番町の飲食店街に集合。「街頭犯罪抑止」と明記したのぼり旗10本を通りに設置した後、パトロールを開始した。参加者は2班に分かれて建物の戸締まりを確認したり、営業している店舗に声掛けして注意喚起した。
 期間は1~10日の午後10時から明け方まで。
 同署の取り組みに対し、寺澤会長は「警察官がパトロールしてくれると安心感が違う。とてもありがたい」と感謝した。
 半澤署長は「店には貴重品を置かず、戸締まりを徹底してほしい。気になることがあったら、ぜひ警察に相談を」と呼び掛けた。