県内19年度平均の有効求人倍率1・33倍 前年度を0・12ポイント下回る/岩手労働局

岩手県の2019年度の平均の有効求人倍率(原数値)は1・33倍で、前年度を0・12ポイント下回ったことが28日、岩手労働局のまとめで分かった。 一方、新型コロナウイルスの影響で、3月の新規求人数(季節調整値)は前月比18・5%減の9008人.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録