Free南郷ジャズフェス 過去の映像をYouTubeで

収録作業を進める二ツ森護真さん(左)と石岡知華さん
収録作業を進める二ツ森護真さん(左)と石岡知華さん

今年のゴールデンウイークは自宅でジャズのリズムに浸って―。八戸市の南郷ジャズフェスティバル実行委員会は、29日から動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」で、「南郷サマージャズフェスティバル」の過去の名場面を配信する。同市出身のトランペット奏者類家心平さんの演奏も公開。自宅にいながら思い出のステージを再び堪能できる。
 同フェスは1990年にスタート。毎年、世界的なジャズプレーヤーらを招き、ファンをうならせてきたが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため、中止を余儀なくされた。
 実行委員会が、感染防止のため、自宅にいる人に少しでも楽しい時間を過ごしてもらおうと映像の配信を決めた。企画名は「南郷ジャズアーカイブ2020」で、類家さん率いる「類家心平セクステット」(2017年)、「日野皓正 h factor」(14年)、「寺井尚子クインテット」(15年)といった、とっておきのパフォーマンスを届ける。
 25日には、09年からフェスの司会をしている、八戸市在住のフリーアナウンサー石岡知華さんが、出演者紹介のナレーションを収録した。
 企画した実行委員会広報部会長の二ツ森護真まもるさん(35)は「これまでのフェスのいいとこ取りをした映像に仕上がっている。この機会に感染防止をしながら、ジャズの面白さを知ってほしい」とPRした。
 配信は29日午後4時から。更新は5月2、6、9日のいずれも午後4時。
収録作業を進める二ツ森護真さん(左)と石岡知華さん

お気に入り登録