【新型コロナ】余った給食食材を福祉施設などに譲渡 十和田

使われなくなった給食食材を積み込む担当者
使われなくなった給食食材を積み込む担当者
十和田地域広域事務組合教育委員会は17日、新型コロナウイルスの影響で、十和田市と六戸町の小中学校が臨時休校になったことを受け、使われなくなった給食の食材を市内の福祉施設や保育施設などに無償で譲渡した。 同委員会は、両市町の学校給食センターを.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録