【九戸村長選・解説】迅速な公約実行を 「村の融和」へ問われる手腕

村の人口減少が進む中、有権者は「村政の流れを変える」と訴えた新人の晴山裕康氏に村の未来を託した。若者の流出や少子化など村は待ったなしの状況で、移住政策推進室の設置や村単独の子ども手当支給など公約を速やかに実行しなければならない。 晴山氏は村.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録